会社情報

HOME > 実績・事例 > 都内 公園池

都内 公園池

1.バイオ処理前 2005.10.25

バイオ投入前の池

アオコの大群落があり、水の汚れもひどく目立っている。



2.バイオ処理後2週間経過 2005.11.9

バイオ投入2週間後の池

依然としてアオコが多く、池の底は見えない。



3. バイオ処理後1ヶ月経過 2005.11.24

バイオ投入4週間後の池

著しい変化がわかるでしょうか?

水が澄んでおり、池の底が覗けます。



池水サンプルによる浄化の進捗比較

水の時系列変化

右から11月2日・9日・16日・24日に採水



浄化作業調査データより(池面積70u)
日付 11/2 11/9 11/16 11/24
ph 9.46 8.63 7.33 6.85
透視度 8.0cm 9.0cm 14.0cm 24.0cm
DO 9.7 7.8 6.8 7.3

  • バイオ消臭剤「オーイーワン」
  • 衛生・環境管理について
  • 油吸着・分解剤「オイルゲーター」
  • 農業用微生物製剤「ビオタマックス」
  • 東日本災害支援復興活動報告
  • 社長ブログ「バイオ日記」

有限会社バイオフューチャー
東京本社
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田
1-9-37 フラットワセダ101
TEL/03-5272-1678
FAX/03-5272-1679
www.biofuturejapan.com

大阪支店
〒531-0041
大阪市北区天神橋8-14-23
TEL/06-6357-1500
FAX/06-6354-1900
www.bfi-osaka.com